石巻市 7月30日

秋田の夏はとても忙しく、それでも私たちは果物がコミュニティーに届くよう努力しています。私たちは毎週土曜日に行われているイベント、「LOVE黄金浜」に果物を提供出来ることをハッピーに思い、定期的に彼らのサポートと果物の提供が出来ることを願っています。この週末、私たちは962本のバナナと665個のオレンジを提供しました。このイベントでは食べ物やその他の支援物資を約300人に提供しています。私たちはまた彼らと一緒に活動出来る日を楽しみにしています。

Paul & Minami


石巻市 7月23日

まず始めに、石巻にいる私たちの素晴らしい友達、キャットにありがとう!彼女は私たちをとても手伝ってくれていて、彼女のアパートの近くにある小さめの避難所にフルーツをデリバリーしてくれています。
キャットは50個の桃と74本のバナナを石巻の市街地から離れたところにある避難所にデリバリーしてきました。この避難所は市街地にある他の避難所に比べるとそんなに多くの支援を受けられていません。私たちは彼らに果物を届けることが出来ることを嬉しく思い、その機会をくれたキャットに感謝します。また近々戻ることを楽しみにすると同時にこの支援を彼らが必要とする限り続けていくことが出来るよう願っています。

Paul & Minami


石巻市7月15日金曜日

今日私は仕事が休みだったので、石巻にフルーツをデリバリーしに行きました。今回はすごく早くて小さな日帰りトリップでしたが、行くことが出来て嬉しく思 います。現在の日本の気候はひどく暑くてジメジメしています。こんなコンディションの中まだみなさんが避難所での生活を強いられている姿を見るのは本当に 心が痛みました。全ての避難所でたくさんの扇風機を回していましたが、それはただジメジメした暑い空気を押し回しているだけでした。今日私は5ヶ所の避難 所を訪問しました。そのうちの4ヶ所は以前デリバリーに行ったことがありましたが、5番目の避難所は始めてでした。みなさん私が来ることを知っていたし、 私の名前とこのvolunteerAKITAの名を覚えていてくださり良かったです。最初の4ヶ所へのデリバリーは早くて簡単に終わりました。いつものよ うに、みなさんは非常に喜んでくださり、彼らは時々しかフルーツを受け取っていないため、本当に感謝していると言ってくださいました。

私は、石巻の西側に位置す最後の避難所に届けるフルーツを取りに行くため、また守谷フルーツさんに戻りました。実際、こちらのフルーツ屋さんは秋田に帰るときに通る道路沿いにあるためとても便利です。

最後の避難所は石巻市街地の外にあるために、その避難所にいるみなさんは他の避難所ほどの支援を受けていないようでした。

この避難所の近くに住むALTのキャットが、彼らの状況を教えてくれ、彼らにフルーツを配れないかと持ちかけました。避難所にいるみなさんはとても素晴ら しい方々でした。みなさんはとても優しく、フルーツを喜んでくださいました。そこには46名が避難されていたので、私は一人につきオレンジとリンゴが一個 ずつ渡るように十分な数を持っていきました。私はまた、みなさんとお話する機会も得て、彼らが持つ他のニーズについて話しました。私が帰る前、みなさんは 私に食べ物が入った袋を4つ持ってきました!当然ながら私は彼らから受け取ることなんて出来ないのですが、彼らはそれを私に押し付けました!袋の中にはた くさんのパンとおにぎりが入っていました。これがみなさんが毎回の食事として摂っているもので、毎回同じものにうんざりしていることが明らかにわかりまし た。私は食べ物のお礼を言い、また連絡すると言いました。私たちの計画は、キャットにいくらか送金して彼女にまた来週もっとフルーツを届けてもらうという ものです。

現在の石巻の状況は前回とさほど変わっていません。誰一人として仮設住宅に移る正式な日にちすら聞いておらず、人々は仮設住宅の建設が遅れているといって いました。今、私はただた避難所にいるみなさんのベストを願い、私たちがこれからも出来るだけたくさんの方々を援助し続けられることを願っています。特に この強烈な夏の天気の下で。

Paul


石巻市7月7日/11日

まず始めに、石巻にいる私たちの新しい最高の友達、ジェーンに、大変お疲れさまでした。ジェーンもまたJETプログラムのALTで英語を教え ており、アンディーさんを通して知り合いました。ジェーンはもう一人のALTキャットと共に私たちにとって大きな助けになっており、現在行なっている復興 支援活動にかなり積極的に協力してくれています!(彼女たちはすごい!)

週明け私がジェーンに送金したので、彼女はその週何回か小さなデリバリーをすることが出来ました。最初、彼女は計144個の桃を石巻市内の2つの避難所に配りました。桃は最高で、みなさん受け取るときにいつも興奮した様子です!

次に、ジェーンはバナナ5箱(約370本)を彼女の中学校に持っていきました。津波以来、給食の状況は一変してしまったので(特に石巻市 内)、生徒全員にフルーツを配ることが出来て良かったし、私たちも当然それを聞いて興奮しました。今回でフルーツが学校にデリバリーされたのは2回目にな ります。 いくつかの学校は厳しい給食の規則によりフルーツの持ち込みが許されておらず、なので私たちはジェーンが生徒たちの為にフルーツを配ることが出来たと聞い て嬉しかったです!

本当にありがとう、ジェーン!最高だよ!

Paul


石巻市7月2、3日土・日曜日

7月2日土曜日、石巻市で大規模なフルーツデリバリーをしました。今回はテイラーさんの為に行う活動とのことでアメリカのテレビ局、NBCのクルーの方とNHKの方も取材に来ていました。

午前中は東京からのボランティアグループさんに混ざり、「LOVE黄金浜」というイベントに参加させて頂いて来ました。このイベントは毎週土曜日に開催さ れ、フリーマーケットや音楽、食べ物などを提供しているそうです。この地域は住宅地で、津波も到達しほとんどの家屋の一階が津波の被害に合っていました。 ボランティアさんのお話によると、この地域に住む人たちは家の一階部分は被害にあったけど二階は大丈夫だから避難所に行かずにそのまま住み続けているとの こと。食事など全てのことを自分たちで賄わなければならず、とても大変な生活を強いられています。そんな人たちに一時だけでも辛い現実から離れて楽しんで 頂ける時間を作りたいと企画されたそうです。

私たちはバナナ10箱とオレンジ6箱を持っていき、他のグループさんからの野菜や果物と一緒に袋に詰めて配りました。約200人もの方が列を作り、順番に必要な物資を受け取っていました。

イベントも楽しい雰囲気で、私たちも楽しみながらやることが出来ました。

このイベントをNHKの方が取材してくださり、その日の夕方のニュースで紹介してくださりました。NHKのみなさんありがとうございました!
その後、25人の秋田と石巻、気仙沼からの有志で、5つのグループに分かれ、計21ヶ所の避難所にそれぞれバナナ、オレンジ、ぶどう、もも、さくらんぼな どのフルーツを配ってきました。ほとんどの避難所に事前に連絡がとれていたのでスムーズに終わらせることが出来ました。喜んで頂けたようで良かったです。 今回の費用のほとんどはテイラーさんの追悼基金からの寄付金で賄いました。テイラーさんのお父さん、アンディーさんに大変感謝致します。

翌日3日、石巻市のボランティアセンターに行き、側溝の泥だしの手伝いをしました。作業したエリアは海から距離があるものの腰くらいの高さまで津波が押し 寄せ、平地なのでなかなか水が引かず大変だったそうです。今回の作業は泥を掻き出すよりも側溝のコンクリートを外す作業の方が大変でした。

炎天下での作業でクタクタになりながらも、みんなで頑張りました。

今回もたくさんの方々のご協力のもとで活動が出来たことを有り難く思います。実際に活動に参加してくれたみなさん、募金にご協力くださったみなさん、その 他様々な形で支えてくださったみなさんにありがとうございます!みなさんのご協力のお陰で今回の大規模なボランティアトリップも無事に終わらせることが出 来ました。本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します!