イベント名が変更します!

日本人の友人とお話した結果、カーニバルというのは日本では、パレードや衣装が伴うブラジルのカーニバルと連想することがわかりました。それにより、カーニバルのイベント名を

FAIR Takata

に変更しました。

名前の変更で、誤解がないようお願い申し上げます。

外界からも寄付ができるように、詳細を確認しているところなので、できれば来週あたりに報告したいと思います。なので、このページから目を離さないでください!

Advertisements

カーニバルin陸前高田の最新情報

カーニバルについて、最新情報をお知らせします。この度、陸前高田出身の大学生の団体と一緒に活動することになりました。その団体は、去年「若興人祭」というイベントを開催しました。ホームページが以下のとおり。

陸前高田市にイベントの共同開催を勧められ, 若興人祭実行委員会とともに素晴らしいカーニバルイベントを開催します。若興人祭実行委員会の経験とvAの頑張る精神を生かし、イベントのビジョンが大成功するように全力で頑張ります。

若興人祭実行委員会と共催することになったことにより、開催日が8月17日(土)に変更しました。

8月に行われる他のイベントと日にちがかぶらないため、以前の日にちよりよいのではないかと思っています。新しい日にちが皆さんの都合に合うといいのですが…

その他の情報:

高田小の校長先生からグラウンドと体育館の使用許可をいただき、高田小学校で開催する予定です。

ステージの出演者が確定しました。その中で、秋田のローカルアーティストも出演決定!

Monty Dicksonの姉妹が全面的にサポートしてくださり、当日にもイベントに参加したいとのことです。

“Carnival in Rikuzentakata”のフェイスブックページもありますので、ご覧ください!ブースやイベントの提案について話し合えるフォーラムとなっているので、是非投稿してください。

最新情報はCarnival in Rikuzentakataのフェイスブックページに掲載しています!

必ず、8月17日(土)を空けておいてください!


カーニバル in 陸前高田

VolunteerAKITA is proud to announce a joint event with the city of Rikuzentakata!

ボランティア秋田より陸前高田市とのイベントをご案内いたします!
差し迫った危険性が過ぎた今、被災者のニーズは変わりました。多くの方が財政的な支援を始めようと感じているとはいえ、私たちが前に進む為のサポートが出来ないという意味ではありません。3.11の被害に遭われた方々を忘れていないことと、彼らの情況を気にかけていることを思い出す必要があります。

これを念頭に置いて、私たちは陸前高田市の市長と市民の方々と連携を図り、みんなが集まり楽しむことができるカーニバルスタイルのイベントを計画しています。カーニバルゲームからバルーンアニマル、フェースペインティングなどのブースや屋台でイベントを運行したいと思っています。個々のブースは私たちボランティア次第です。

これはコミュニティーを支援し海岸の街を取り戻すこと、そして私たちの時間をボランティアしてサポートする機会です。

Time and location – 時間と場所

このイベントは2013年8月31日、陸前高田市で開催されます。場所はまだ決まっていませんが、参加者の人数により十分な広さの会場を用意します。

What we need right now - 今必要なこと

このイベントに時間を約束してくれることに前向きなボランティアが必要です。まだ先のことですが、今回このイベントを成功させる為そしてこれから先の為にも、今から計画をスタートしなければなりません。

もし、興味があるけれどまだ参加できるかわからない際は、どうかお知らせください。陸前高田市に参加人数を出来るだけ早く知らせる必要があります。

このイベントに参加出来ないとしても、まだあなたの助けを必要としています!ブースのアイディアを送ってください。たくさんのアイディアがこのイベントをもっと素晴らしい日にすることが出来ます。

そして、寄付金や物品の寄付も募集しています。寄付の詳細は最終的にはまだ決まっていませんが、引き続き更なるインフォメーションに注目していてください。

How you can donate - 寄付の仕方

あなたの時間とアイディアを寄付してください。参加されたい場合、もしくはイベントに対するアイディアがございます場合は、連絡先をご記載の上メールをお送りください。

Timeline - タイムライン

イベント開催日が2013年8月31日なので、現在やることがたくさんあります。私たちはボランティアの参加者の頭数が必要で、それにより陸前高田市が適切なサイズの会場を用意できます。また、市が必要な支援を準備する為にブースや屋台のアイディアを含めたレポートを提出する必要もあります。私たちは出来るだけ早くこのレポートを提出したいので、今すぐご連絡をお願いいたします!

陸前高田市、市長、またこのイベントに関する更なる詳細は下記のリンクでご覧いただけます。

 Rikuzentakata陸前高田市Facebookページ

 戸羽市長によって書きられた本

volunteerAKITAのイベントページのリンク

Thank you very much!

Jon Hui and KK Miller

co-directors volunteerAKITA