寄付金 from CANADA!!!

カナダのバンクーバーにあるホットドッグ屋さん、JAPADOG(シャパドック)。以前私がバンクーバーにいたとき働かせて頂いていました。日本人のご夫婦が経営するジャパニーズスタイルのホットドッグ屋さんで、バンクーバーのみならず各国からのお客様が訪れる超人気のお店です。海外セレブもファンも多く、オリンピック時には日本の有名選手も数多く訪れました。
JAPADOGのホームページはこちらから→(http://www.japadog.com)

JAPADOGさんは東日本大震災の後、店頭にて義援金を募っていらっしゃいます。そして今回、その集まった募金をフルーツツリープロジェクトに寄付して下さいました!!!!!!
JAPADOGのみなさん、店頭で募金にご協力くださったみなさん、本当にありがとうございます!
次回のデリバリーで使わせて頂きたいと思います!
このフルーツツリープロジェクトですが、海外からも本当にたくさんのご支援を頂いております。大変ありがたく、嬉しく思います。
改めまして、ありがとうございます!みなさまのお陰でこうして活動を続けることが出来ています。引き続きみなさまの温かいご支援どうぞよろしくお願い致します。

Minami

Advertisements

石巻市 7月30日

秋田の夏はとても忙しく、それでも私たちは果物がコミュニティーに届くよう努力しています。私たちは毎週土曜日に行われているイベント、「LOVE黄金浜」に果物を提供出来ることをハッピーに思い、定期的に彼らのサポートと果物の提供が出来ることを願っています。この週末、私たちは962本のバナナと665個のオレンジを提供しました。このイベントでは食べ物やその他の支援物資を約300人に提供しています。私たちはまた彼らと一緒に活動出来る日を楽しみにしています。

Paul & Minami


*アップデート*7月27日

フルーツツリープロジェクトへの寄付金がアメリカドルで$20,000をマークしました!全てのサポーターやドナーの方々に厚くお礼申し上げます。
データとしては、今までに1,610,560円($20,533)の寄付金が集まり、私たちは37,002個の果物をデリバリーしました!!ビッグクリーンは818時間をマークしています。

東北ではまだたくさんの方々が避難所での生活を強いられ、毎日支給される同じような食べ物を食べて生活しています。新鮮な果物は未だにたくさんの市や町で必要とされています。なので、私たちはできる限りこのフルーツツリープロジェクトを続けていこうと計画をたてています。

また、加えて私たちが活動しているスマイルズアンドドリームズにも全力を注いでいます。私たちは仙台市内にある2ヶ所の児童養護施設のホームコミュニケーションマネージャー(HCMs)として、施設と連絡を取り合い、彼らのリクエストやニーズに応えて行けるよう努めています。私たちvolunteerAKITAはこのプロジェクトに参加することを嬉しく思い、このような機会をくださったリビングドリームズとスマイルキッズジャパンのみなさまに感謝すると共に、日本の児童養護施設への素晴らしいお力添えに厚くお礼申し上げます!
Paul & Minami


スマイルズアンドドリームズ: 東北キッズプロジェクト

現在私たちが活動しているプロジェクトのひとつ、スマイルズアンドドリームズ:東北キッズプロジェクト。このプロジェクトはリビングドリームズとスマイルキッズジャパンという二つのNPOによってリードされています。(スマイルズアンドドリームズのページをご参照ください。)
現在、私たちは仙台市内にある2つの児童養護施設のホームコミュニケーションマネージャーとして活動しています。施設と直接連絡を取り合い、彼らのニーズを聞き、伝える役割をしています。

〈今必要としていること〉
仙台市内の施設で暮らしている高校3年生の男の子が、大学に進学することを希望しています。この施設の中から大学進学の希望の意思を示したのは彼が初めてです。
彼が目指しているのは「山口福祉文化大学」の「ライフデザイン学部」で「子ども生活学領域」を学び保育士になることを目指しています。
この大学は4年制で、施設出身の子供の為に特別な奨学金制度を設けています。その為、1、2年次の学費は全額免除となりますが3、4年次は半額免除となります。
学費の自己負担分は970,000円でさらに年間46,000円の委託徴収金(災害障害保険費、学友会費等)が4年分で184,000円、全部の合計で1,154,000円が必要となります。
この自己負担分を援助する為に、寄付金を募集したいと思います。

施設の子供たちは高校を卒業したら施設を出で、経済的な保証のない中自分一人で生活をしていかなければなりません。その為、いくら奨学金を受け取ったとしても高額な学費を払うことは難しく、進学を諦め就職する子供が大半を占めており進学率は非常に低いという現実です。
そんな中、夢を諦めずに勇気を持って大学に進学したいと言ったこの男の子を、私たちは全力でサポートしたいと思っています。私たちは、彼が大学進学の目標を実現することで、全国にある施設にいる他の子供たちに可能性と希望を与えることが出来ると信じています。

生活費等は奨学金とアルバイトで賄えるよう彼自身が努力していきます。
まずは彼が試験に合格することが第一ですが、皆さまからのご協力をお願いしたいと思います。
少しの気持ちでも構いません。みなさまのお気持ち一つ一つが彼の夢を後押しします。
支援に興味のある方や質問等、何かありましたらお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願い致します!

volunteerAKITA/The Fruit Tree Project
ディレクター
石川 南


石巻市 7月23日

まず始めに、石巻にいる私たちの素晴らしい友達、キャットにありがとう!彼女は私たちをとても手伝ってくれていて、彼女のアパートの近くにある小さめの避難所にフルーツをデリバリーしてくれています。
キャットは50個の桃と74本のバナナを石巻の市街地から離れたところにある避難所にデリバリーしてきました。この避難所は市街地にある他の避難所に比べるとそんなに多くの支援を受けられていません。私たちは彼らに果物を届けることが出来ることを嬉しく思い、その機会をくれたキャットに感謝します。また近々戻ることを楽しみにすると同時にこの支援を彼らが必要とする限り続けていくことが出来るよう願っています。

Paul & Minami


石巻市7月15日金曜日

今日私は仕事が休みだったので、石巻にフルーツをデリバリーしに行きました。今回はすごく早くて小さな日帰りトリップでしたが、行くことが出来て嬉しく思 います。現在の日本の気候はひどく暑くてジメジメしています。こんなコンディションの中まだみなさんが避難所での生活を強いられている姿を見るのは本当に 心が痛みました。全ての避難所でたくさんの扇風機を回していましたが、それはただジメジメした暑い空気を押し回しているだけでした。今日私は5ヶ所の避難 所を訪問しました。そのうちの4ヶ所は以前デリバリーに行ったことがありましたが、5番目の避難所は始めてでした。みなさん私が来ることを知っていたし、 私の名前とこのvolunteerAKITAの名を覚えていてくださり良かったです。最初の4ヶ所へのデリバリーは早くて簡単に終わりました。いつものよ うに、みなさんは非常に喜んでくださり、彼らは時々しかフルーツを受け取っていないため、本当に感謝していると言ってくださいました。

私は、石巻の西側に位置す最後の避難所に届けるフルーツを取りに行くため、また守谷フルーツさんに戻りました。実際、こちらのフルーツ屋さんは秋田に帰るときに通る道路沿いにあるためとても便利です。

最後の避難所は石巻市街地の外にあるために、その避難所にいるみなさんは他の避難所ほどの支援を受けていないようでした。

この避難所の近くに住むALTのキャットが、彼らの状況を教えてくれ、彼らにフルーツを配れないかと持ちかけました。避難所にいるみなさんはとても素晴ら しい方々でした。みなさんはとても優しく、フルーツを喜んでくださいました。そこには46名が避難されていたので、私は一人につきオレンジとリンゴが一個 ずつ渡るように十分な数を持っていきました。私はまた、みなさんとお話する機会も得て、彼らが持つ他のニーズについて話しました。私が帰る前、みなさんは 私に食べ物が入った袋を4つ持ってきました!当然ながら私は彼らから受け取ることなんて出来ないのですが、彼らはそれを私に押し付けました!袋の中にはた くさんのパンとおにぎりが入っていました。これがみなさんが毎回の食事として摂っているもので、毎回同じものにうんざりしていることが明らかにわかりまし た。私は食べ物のお礼を言い、また連絡すると言いました。私たちの計画は、キャットにいくらか送金して彼女にまた来週もっとフルーツを届けてもらうという ものです。

現在の石巻の状況は前回とさほど変わっていません。誰一人として仮設住宅に移る正式な日にちすら聞いておらず、人々は仮設住宅の建設が遅れているといって いました。今、私はただた避難所にいるみなさんのベストを願い、私たちがこれからも出来るだけたくさんの方々を援助し続けられることを願っています。特に この強烈な夏の天気の下で。

Paul


石巻市7月7日/11日

まず始めに、石巻にいる私たちの新しい最高の友達、ジェーンに、大変お疲れさまでした。ジェーンもまたJETプログラムのALTで英語を教え ており、アンディーさんを通して知り合いました。ジェーンはもう一人のALTキャットと共に私たちにとって大きな助けになっており、現在行なっている復興 支援活動にかなり積極的に協力してくれています!(彼女たちはすごい!)

週明け私がジェーンに送金したので、彼女はその週何回か小さなデリバリーをすることが出来ました。最初、彼女は計144個の桃を石巻市内の2つの避難所に配りました。桃は最高で、みなさん受け取るときにいつも興奮した様子です!

次に、ジェーンはバナナ5箱(約370本)を彼女の中学校に持っていきました。津波以来、給食の状況は一変してしまったので(特に石巻市 内)、生徒全員にフルーツを配ることが出来て良かったし、私たちも当然それを聞いて興奮しました。今回でフルーツが学校にデリバリーされたのは2回目にな ります。 いくつかの学校は厳しい給食の規則によりフルーツの持ち込みが許されておらず、なので私たちはジェーンが生徒たちの為にフルーツを配ることが出来たと聞い て嬉しかったです!

本当にありがとう、ジェーン!最高だよ!

Paul